埼玉県の母なる大河「荒川」から寄居町の魅力を発信! - マット荒川プロジェクト(埼玉県寄居町)

マット荒川プロジェクト ロゴ
埼玉県のマスコット コバトン

マット荒川プロジェクトとは

NPO法人マット荒川プロジェクトは町の真ん中を流れる荒川から寄居町の魅力を発信する目的で設立されました。メイン事業である「荒川いかだ下り」は「川の流れに乗っかって町を眺めたら、どんな発見があるだろう!」という想いから始めました。平成6年から始まった「荒川いかだ下り」も県外からの参加者を含め300人近い方が参加するようになりました。今後は「荒川いかだ下り」以外の事業も企画して、荒川の上流から下流までのネットワークを広げて、寄居町の魅力を発信していきます。

代表者の声

マット荒川プロジェクト 大久保和勇 理事長 マット荒川プロジェクト 大久保和勇 理事長

寄居町を荒川から眺めると、全く違う世界が広がります。そんな世界を、そんな寄居町を多くの方に知ってもらうために平成6年から手作りの筏での「荒川いかだ下り」を始めました。参加者のみなさんに楽しんでもらうことはもちろん、荒川いかだ下りは安全第一です。

そのために、我々スタッフは当日のレスキューの他に、事前の準備も万全に行っています。寄居町は秩父山地から関東平野へ流れ出るポイント!八高線上流からスタートすると、初めは急流、そして難所、そして平野に流れ出る最後は穏やかな川となります。自分たちの手作りの筏で、自然と街を味わってもらいたいと思っています。

メンバー紹介

マット荒川プロジェクト 大久保和勇 理事長 マット荒川プロジェクト 杉山明功 事務局 マット荒川プロジェクト 理事 マット荒川プロジェクト 理事
理事長
大久保 和勇
事務局
杉山 明功
理事理事
 
マット荒川プロジェクト 理事 マット荒川プロジェクト 理事 マット荒川プロジェクト 理事 マット荒川プロジェクト 理事
理事理事理事理事

法人概要

法人名

特定非営利活動法人 マット荒川プロジェクト

事務局

〒369-1203
埼玉県大里郡寄居町寄居1267-2(寄居町商工会館内)

代表者

理事長 大久保和勇

TEL

048-581-2161

FAX

048-581-1424

E-mail

akinori@yorii.or.jp

NSNの企業人NPO体験研修・発信事業ページへのリンク