埼玉県の母なる大河「荒川」から寄居町の魅力を発信! - マット荒川プロジェクト(埼玉県寄居町)

マット荒川プロジェクト ロゴ
埼玉県のマスコット コバトン

荒川いかだ下り

荒川いかだ下りはまさに人生の縮図だ!

正喜橋から、玉淀大橋から、川を覗いた経験がありますか?はるか下に澄んだ川を望むことができると思いますが、川岸ではなく、川の流れに乗っかって町を眺めたら、どんな発見があるのだろう−そんな想いから荒川いかだ下りを始めました!
寄居のど真ん中を流れる荒川は、時が止まった様に静かなところあり、嵐のように荒れ狂う流れあり、まさに人生の縮図だ〜。あなたも夏のひとときを、自作のいかだで、流れに身をまかせて見ませんか?

荒川いかだ下り参加要項

【開催】

実施日時 : 2016年8月21日(日) 10:00スタート(受付 8:00〜9:30)

場 所   : JR八高線鉄橋上流〜埼玉県立川の博物館前

【申し込み】

当日の飛び入り参加は出来ません。必ず所定の申込書(作成されるいかだ概略図も添えてください)に必要事項を記入し、お申込みください。

1)受付期間      7月1日(金)〜7月31日(日)

2)参加料        参加者1名につき1,500 円[当日、受付にてお預かり致します](傷害保険料を含む)

3)参加者の変更   参加者増員の場合,参加料を添えて、申込書に追記して下さい。

              減少の場合、参加料は返却します。

【注意事項】

1)使用されるいかだについて

・大きさは自由ですが、搬入車両の大きさを考慮し道路交通法に抵触する事がないように配慮してください。

・いかだの搬入は、大会当日の午前6時〜午前9時とします。会場内の移動は、実行委員の指示に従ってください。

2)河川内を航行中は救命胴衣・ヘルメットを必ず着用してください。

3)航行中の事故には、十分注意してください。万一、負傷等を負った場合、傷害保険が適用されますが、実行委員会
  が契約する傷害保険に定められた以外の保証は致しません。

4)事故等で航行不能となったいかだは放置せず、参加者の責任において処理するものとします。

5)ごみ等は、参加者の責任において処理するものとし、決して河川内等への不法投棄は絶対にしないでください。

6)大会当日について

・大会当日、午前8時から受付を行いますので、チームの代表者は忘れずに受付を済ませてください。

・駐車スペースが手狭なので、相乗りに御協力ください。

・増水等でやむをえない場合は延期いたします。大会前日あるいは当日に実行委員会において協議し決定します。
 その場合は、参加チームの代表者に電話でご連絡しますので、必ず連絡の取れる方を代表者にしてください。

【後援】

寄居町 寄居町観光協会 寄居町商工会 埼玉中央漁協寄居支部 埼玉県立川の博物館
(社)熊谷青年会議所 【順不同】

【申し込み・お問い合わせ先】

荒川いかだ下り実行委員会  担当 杉山
TEL:048-581-2161 FAX:048-581-1424

荒川いかだ下り申し込みはこちら
NSNの企業人NPO体験研修・発信事業ページへのリンク